2016年12月07日

贈り物に人気の絵柄たち

R0034726.JPG

今日から、うめだ阪急のイベントが始まりました。
クリスマスが近いということで、みずあめやはギフトに人気の絵柄を中心にセレクト。
出品作品を写真付きでご紹介します。

上の写真は、DC−2のカンムリヅル(4面装飾タイプ)。金色に輝くカンムリのような飾り羽が豪華なカンムリヅルは、中身も宝石のようなキラキラ感が満載ですが、性別を問わない絵柄なので大人の贈り物に人気です。DC−2は、他に「ラクダ」もありますが、こちらも老若男女幅広く選ばれている絵柄の1つ。どちらも、ちょっとオリエンタルなところも共通していますね。

R0034714.JPG

お次は、OW−6シリーズ。おとぼけ癒しの「くまビー」。
今回のくまビーは少しだけモデルチェンジしました。側面ガラスの色がこれまでは紫系でしたが、今回は鮮やかなレッドに。より可愛いらしい雰囲気になりました。オイルワンドも赤いガラスに合わせ、今までにないカラフルで美味しそうな色合いで食いしん坊な「くまビー」にぴったりです。くまビーは熊が蜂の衣装を着ているから「くま」+「BEE(蜂)」なのですが、結構な確率で「はちビー」や「くまプー」など気持ちは100%伝わるけども、激しく違うネーミングで呼ばれてしまうことがあり、その辺も含めておとぼけ癒しな絵柄です。

R0034716.JPG

お馴染み、不動の人気を誇る「ロンパース」。タイトルの通り、テーマはうさぎではなく衣装のロンパースですが、うさぎの笑顔の影に隠れてタイトルはほぼ無視されています。しかしながら、周りがどんなに「うさぎだ!」と叫んでも作者は必ず納品書に「ロンパース」と記入しております。ロンパースに拘る理由は、大人には着用できない愛らしさに対する憧れのようなものでしょうか。そして、コロコロとした赤ちゃんが着た時に可愛さを倍増させてしまうマジカルな衣装…そう、それがロンパース。

R0034719.JPG

夏でも冬でもOKなシロクマ。プレゼントに人気です。今まで色んな背景色を楽しんできましたが、色選びの時に気を付けているのはやっぱりクールさを感じるか、です。赤い背景に白いシロクマも色合いとしては可愛いけれど、そうなるとワンドも赤系になってしまったりシロクマのイメージから遠ざかってしまいます。今回もひんやり感いっぱいの水色にスースーしてしまいそうなクール系のワンドをセット。袋は、船の絵柄でちょっと変わった柄の布で作ってみました。船に乗ってシロクマのいる世界へ…。

R0034722.JPG

こちらは、ベテラン柄の1つ「ゾウ」。顔が画面からはみ出ている大胆な構図にも関わらず1年を通して人気がある絵柄です。人気の理由は、ほんわかとしたパステルカラー。淡いトーンのワンド、そして現実にはあり得ないけれどベージュピンクのゾウさんは全体的に優しい印象を与えます。このところゾウ柄の袋を組み合わせていて今回もお馴染みの袋ですが、人気者のゾウは制作する機会も多いのでかなり布が減ってきました。古布なので同じ布の入手はできませんし、残念ながらなくなり次第ゾウ柄の袋は終了となります。次はどんな布で登場するか楽しみですが、ゾウ繋がりの袋とセットは作者も気に入っていたのでちょっぴり寂しいです。「絶対ゾウの袋がいい〜」という方は、今回の子は確実ですので是非早めにゲットして下さい。

R0034721.JPG

こちらもベテラン柄の代表「雪うさぎ」です。丸めた雪に南天の実で目を、松の葉で耳を…。
日本人には馴染み深い絵柄で縁起物としても有名です。みずあめやが和柄をたくさん制作していた頃に誕生したのですが、大人の方からの支持が高い印象です。ワンドは、今も昔もあまり変わることがなく安定していて、ワンドだけ見ても「これは雪うさぎのワンドだ」とみずあめ姉妹は見分けがつくほど特徴があります。和柄だけあって、着物地との相性も抜群です。

R0034723.JPG

顔のない羊が正面を向いている「羊が一匹」。眠れない夜に羊を数えることから、三日月も一緒に描かれています。ピンク色の「羊が三匹」と同じ頃に誕生した絵柄ですが、一匹はブルーなのでより安眠効果がありそうな雰囲気です。顔を描いていないことでモコモコの羊が可愛いくなりすぎないため、年齢問わずプレゼントにしやすいようです。今回は、ピンクの三匹ではなく、羊の絵柄のものはこの「羊が一匹」のみです。


以上、贈り物に人気の絵柄たちのご紹介をしましたが、いかがでしたか?
自分のものを選ぶより迷ってしまうのがプレゼント選びでもありますから、何をあげたらいいか迷ってしまった時に参考にして頂けたら幸いです。
うめだ阪急のイベントは12月13日(火)まで開催。詳細は、1つ前のブログ記事にアップしてあります。



posted by mizuame at 17:34| みずあめや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする