2017年03月21日

七宝のゾウ

R0035085.JPG

本日は、七宝OW−6のご紹介。
こちらの写真は「ゾウ(ベージュ)」です。
顔が画面からはみ出ているという構図ですが、定番柄の一つでとても古株のゾウさん。
いつもは、ピンクっぽい色を使うのですが今回はピンクとベージュの2色を制作し、この子は「ベージュ」タイプ。

数日前にパートドヴェールのDC−2タイプのゾウを紹介していますが、ガラス耐七宝で描くゾウはまた違った風合いになります。
七宝は表面の光沢が特徴で、一方パートは表面がマット。七宝は型が不要で直接ガラス板の上にガラスを盛り付けますが、パートは毎回1つずつ型を成型してガラスを詰めて焼きます。そのため、七宝とパートでは1枚のガラスに費やす時間も違ってきますし、焼き上がりの質感など見た目も勿論違います。

因みに七宝は、一度に全部描くことはせず、例えばこのゾウの絵は1回目の窯入れでは「顔と帽子」を描き、一度窯出しした後に「帽子の模様(ポチポチしたやつ)」を加え、2回目の窯入れをして仕上げます。
粉ガラス状の釉薬は「粉」なので絵具と筆で描くように容易に重ね塗りというわけにはいかないため、帽子の装飾のようにベースの色を先に焼いてから改めて模様を乗せた方がやりやすいのです。
しかしこのやり方だと、2回焼かれる帽子のベース部分と1回しか焼かれない装飾部分に多少焼き具合の差は生じるもので、帽子の装飾がポコっと飛び出すのはいいのですが、大事なお顔の目玉が同じように飛び出てしまうのは困るので目は1回目からきちんと入れるようにします。
先ほど書いたように上に重ねて表現しようとすると綺麗にいかないので、目を入れる部分の釉薬をかきとり、空いた空間に目玉の色である白と黒と水色の釉薬を入れて仕上げます。
粉ガラスを扱うのに筆やペンは一切使えませんので、耳かき状の金属の棒を使用しますが、目玉のような細かい部分は裁縫用のマチ針を私は使っています。七宝のこのポテっとした輪郭や絵のタッチからは、想像しにくいと思いますが、おそらく皆さんが想像している以上に細かい作業です。

集中力が持たないことや、盛り付けた粉ガラスが長時間放置すると乾燥で崩れてくるということもあり、この盛り付けの作業は多くても1度に3枚程度しかできず、動物の顔や花の濃淡や表現に細かさが必要なものは、場合によっては1、2枚盛り付けて打ち切ることもあります。一度の窯入れで沢山焼ければベストですが、欲張って盛り付けるのは体力的にもきついので(肩懲りや腕の疲労など)、パートのように型作りの工程はなくても意外と効率が悪いかもしれませんね。絵を盛り付けて焼きあがってもこのゾウのガラスも万華鏡のパーツの一部ですから、ここから更に組み立てやワンドの調合、袋の縫製と完成までの道のりは長い長い…。
書くのも大変な膨大な工程数です。この話の続きは次回。







posted by mizuame at 13:58| みずあめや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする