2017年03月21日

地味な作業の連続

R0035073.JPG

先ほど七宝焼の作業について触れましたが、万華鏡が完成するまでに色々なパーツを作る必要があります。
例えば、これ。先端についているオイルワンド。
これも万華鏡のパーツですが、万華鏡本体の絵柄に色合いやイメージなどを考えてオブジェクトを調合し、ガラス管にオイルと一緒に詰めて半田で蓋を閉じます。一見何てことないように感じてしまう作業ですが、万華鏡本体と覗いた時のイメージがバラバラにならないように色合いを考えたりするのも結構時間がかかりますし、いざ詰める時も液体が漏れないように細心の注意を払ったり、異物混入に気を配ったり、時には全てやり直すこともあったり、なかなかサクっと短時間では済みません。でも、ワンドもパーツに過ぎないので(笑)、これが仕上がってもまだ道のりは長い。ドライタイプの場合は、オイルワンドとはまた全然違う作りなので、ガラス管は使わず万華鏡の先端のオブジェクトが入っている四角い容器を組み立てて作ってから、やっと中を詰められる状態に。


R0035069.JPG

万華鏡を入れる袋たちは、脇役ですがこの長い道のりを通って完成させたものを適当な入れ物に入れるのではあまりに可哀想だし、昔の人が大事なものを箱や袋に保管していたように納めて頂きたいという思いから作るようになりました。が…、この布選びがこれまた結構考えて考えて決めるという感じなので「入れ物も本当にぴったりでマッチしているね!」とお客様から言われるととてもほっとします。
好き嫌いは当然あると思うのですが適当に選んで「ミスマッチだな」と言われてしまうのは避けたいので、たかが袋されど袋で袋作りも真剣に取り組んでおります。
なので、袋の単品販売はしておりません。あくまで万華鏡たちの「衣装」としてお付けしています。

このように、細かいパーツが全て揃ってやっと万華鏡たちはお披露目されます。
制作中、とても長い時間を未完の作品たちと過ごし、その大部分はとても地味〜な作業の連続ですが、だからこそ完成した瞬間の感動があります。
完成したものが綺麗であれば、作った甲斐があったなと思えますね。


posted by mizuame at 14:37| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする