2017年04月22日

毛を頼んだ

ようやく、毛を頼んだ。

フェイクファーと呼んでいたものが、ちょっと違っていて「ジャーマンモヘア」とか呼ばれてる素材が羊毛とかアルパカとかからできている毛で、お高い理由はそういう天然素材だからだという。
なるほどねー。化繊のフェイクファーは、ここまで入手困難ではないし、価格ももう少し色々で安いのから高いのまで豊富ですものね。でも輸入もので天然素材のモヘアたちは、入手方法も限らているしお値段も化繊のファーと比較すると、安い価格帯のものは皆無に等しい印象。こんな小さい布でこのお値段かぁ〜、という感じだ。
因みに私たちが服でお世話になっているのは、大抵フェイクファー(化繊のやつ)で、コートのフードとかにたまに本物のファーが使用されてるとお洋服の価格は途端に高価になる。毛の値段の差か?と思ってしまうほど。
人口素材と天然素材の差は、意外と日常でもあるわけだ。

でもって、先日サンプルを取り寄せたのは天然素材のモヘアだったので、いくつか選んで必要なものを購入。
ここ数日は、下絵を描いたり構想を練っているのですが、ある閃きが浮かんで姉に電話して興奮気味に説明したら、「頑張って下さい」と呆れたような声で電話を切られた…。

おーほほほほほー。
「頑張って下さい」は応援の言葉だ。激励だ。
シスターみずあめは、背中を押してくれたに違いない。
そうだろ?
と、都合の良い思考で、そのまま計画続行。

その後、下絵を描いたスケッチを偶然見た別な人(身内)に笑われた。
「何これ。あはははは!」と指さして笑われた。

いいぞ。
笑われたのだから合格だ。

みずあめ妹は全力で下らないことをやろうとしているので、笑うとか呆れるという反応が一番欲しいリアクションなのです。方向は間違っていない。…いや、多分間違っている。しかし、心は踊る。

ノーズパッドは本日も行方不明。







posted by mizuame at 17:44| みずあめや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする