2017年05月02日

販売禁止の布があるって話

ファーを入手したワタクシは、人に笑われる例のスケッチを片手に更なる一歩を。

…その前にしっかり調べておかないといけないことが。

それは布の「商用利用」に関するルールのお話。
この話、聞いたことある人も多いのかな?
んー、でも布ものを扱わない人はほとんど知らないかなと思うので、お題の通り布のお話を書きます。

普段、みずあめやで使用してる布は骨董市等で仕入れてくる古い布が中心なので、商用利用の問題はあまり意識する必要がないのですが、手芸屋さんや布屋さんで販売している布には「商用利用不可」のものが一部あります。
分かりやすくいうと著作権の問題ですね。キャラクターがプリントされた布やデザイナーさんの手掛けるお洒落なプリントの布はほとんどが商用利用不可で、その布を使って製品を作って売ることが禁じられているのです。お金にしてはいけないので、プロアマ問わずその布を使用して鞄とかお洋服とかを作って売ることも当然違法になります(バザーとかでもダメです)

改めて調べてみて大変だなーと。いちいち布買う時にそれを確認してから使用している作り手もいるようですが、布屋さんも詳細なことを把握してなくてメーカーやデザイナーに聞いて下さい、みたいなケースもあるとか。布と一言で言っても色々なんだなぁ…としみじみ。

と、調べたところで。
スケッチをもう一度見ながらイメージを膨らませてみる。

どうやら今回もそういう問題とは無縁になりそうだ。
こんな下らない自分の企画で、商用利用不可のおシャンティなブランド布を使用することは、きっとないだろう。

下らないとは何だ!失敬な!

自分で言っておる。

確かに見ればみるほど、下らないスケッチである。

是非とも見せてって?

明日、庭に埋めます。で、夜中に掘り返す。

土だらけになる → 泣く



posted by mizuame at 01:08| みずあめや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする