2017年05月30日

バクの額絵

R0011445.JPG


本日、二子玉川のアンティナに納品の「バクの森」。
万華鏡では七宝OW−6や豪華な4面パート・ド・ヴェールのCUBE、額絵でも過去に何度か登場しているバクは私達の作品にはモチーフとして欠かせない動物です。
今回制作したバクは、今までで一番大きく描かれたもの。絵そのものは決して大きなものではありませんが、壁に飾る際に少しでもはっきり見えるものにしたいという思いから、ドーンと大胆に画面の半分近くをバクの身体で埋める構図にしてみました。
1つ前のブログにアップしたうさぎと似た草花に囲まれた絵ですが、うさぎは軽やかで優しい色合い、バクはシックに、というイメージがあったので身体の色に黒と濃紺を使い、額縁は深い紫色に仕上げています。



posted by mizuame at 13:19| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする