2017年05月30日

オオカミの額絵

R0011391.JPG

動物たちを大きく描くことを意識したきっかけになった作品「黄金の月とオオカミ(ブルー)」です。
オオカミもみずあめや作品にたくさん登場してきた動物ですが、初めて横顔で制作(今までは正面顔でした)。
黄金に輝く月、その月を見上げるオオカミ2匹と空に浮かぶ雲が2つ。とてもシンプルな絵ですが、壁にとてもよく映えます。

R0011407.JPG

2匹のオオカミたちは、これから月に向かって遠吠えをするのでしょうか?
それとも、美しい月夜に待ち合わせでしょうか?
額は黒地に金色の装飾をし、コンパクトながら存在感のある作品です。

この絵は、描きたいものがとてもはっきりしていて、主役が月とオオカミなのは一目瞭然ですが、実は一番最初に頭に浮かんだのは「雲」でした。
「瑞雲(ずいうん)」と呼ばれるこの雲は、仏教ではおめでたい兆しを表す縁起物。
一見脇役のように見える渦を巻いた瑞雲が登場することで、絵の中の世界はぐっとオリエンタルに。
絵の中に描かれているもの全てが主役級と言っても過言ではないかもしれません。

「黄金の月とオオカミ」は今回2点納品。色違いで背景色がグリーンもあります。1つ1つ型から制作しているのでオオカミたちの顔も微妙に違います。それも楽しみの一つ。



posted by mizuame at 13:20| みずあめや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする