2017年06月26日

妹を救いし救世主現る?!

R0036284.JPG

この子たちと一緒に単独で行ってきましたよ。鳥だらけのお祭りに。

…と言っても、いつものみずあめやイベントとは訳が違う。

何と万華鏡はたったの6個。
額絵に至っては、スーパーミニミニサイズ(4点)のみ…。
そして…イラストの絵葉書とA4サイズのポスターがわらわら…。

この本業ではないイラストは脇役でも何でもなく、主役級扱い(笑)

と言うのも、このイベントは愛鳥家さんたちの集まるイベントで「これ何の鳥?」と世間一般ではあまり馴染みのないマニアックな鳥でも一目見て「ヘビクイワシだね!」「ダルマインコだね!」「ウロコインコだね!」という声が飛び交うようなコアな世界。こういう鳥に特化したものに参加するのは初めてでしたが、いつもの万華鏡+額絵に加え、鳥のイラストを描かせて頂きました。

みずあめ妹はかつて美術大学に行っていた頃、絵本作家になりたいな〜なんて漠然と思っていたのですが、周りに凄い人たちが大勢いる環境で「自分の絵は魅力ないかも…」と挫折した過去がありまして…。
以来、あんまり鉛筆と筆を握らなくなりました。昔過ぎて、その頃の感情は思い出せないけど、多分イジけたんでしょうね〜。周りに才能のある人たちが大勢いたから。

落書き感覚で絵を描くことは大人になってからもたまにあったし、家族と親戚からの依頼で年賀状のイラスト担当者にこの何年かは任命されて、チマチマと描いているうちに「やっぱりもう少し描きたいな〜」という気持ちが出てきた今日この頃。でも、目標がないと真面目にやらない性格だから、個人的にイベントを探そうと。愛鳥家のためのイベントで、鳥のイラストを発表する。これをまずは目指して何枚かイラストを描いてみようと思い立ったのです。妹のやりたいことだし、この件に関しては姉は関与しないよ、という約束で了承を得たのですが、鳥の万華鏡やガラス絵は今までも作ってたわけだから、それも是非愛鳥家さんたちに紹介したい、ということで万華鏡の組み立ては姉にお任せして、1点だけ姉の絵柄も参加しましたが、他は全て妹メインで。

結論からいうと、浮きました(笑)
ガラス作品は価格的にも見ため的にも…。
会場では、数百円〜数千円の手芸っぽいものを中心に販売していて、工芸っぽい人はほぼいない状況。
ヒュー。風がヒュー。(屋内だから実際は無風だったけど)

「いやいやいや…こんな高価なものをカード払いもできない場所で見せられましても…」みたいな空気に…。
「ええ、まぁそうですよね、だいたいガラスとか興味ないですよね。鳥がガラスで出来てるから何なのさ?って、おっしゃる通りであります。でも、お客さん。よく見て下さい。ガラス以外の鳥グッズもありますよ」

「!!!君、分かってるじゃないのー。そういうことだよ。万華鏡もガラスもどうでもいいんだよー。こういうのを早く見せてくれないと」

…なーんて会話は一切ありませんでしたが、例によって空想会話劇場ではこんな感じの会話が妹の脳裏に…。

気まずい空気の中、妹のピンチを救ってくれたのは、7人の頭巾インコたち。頭巾セブン。

ちょっと、待って。大丈夫かな…それ。ネーミングからしてヤバイ予感が…。

そのイラストのご紹介は次回のブログで〜。


posted by mizuame at 15:25| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする