2017年07月15日

極小サイズの額絵たち2

本日もTSUKISHIZUKUさんで掲載中の額絵の続き。
今日ご紹介するのは、ナチュラル系の額と組み合わせたトロピカルな二羽の鳥たち。まずは、こちらから。

frame_oohashi_02.JPG

万華鏡にも登場したことのある「オオハシ」。動物園で初めてオオハシを見た時に驚いたのはクチバシの大きさではなくて、身体の小ささ。ジャングルにいる大きな鳥かと思いきや、そのサイズ感は「ええー!自宅で飼育できる大きさやん!」という印象(実際は飼えませんけど…)そして、ガラス玉のような美しい目はまん丸だし、黒い羽は光沢があって、お人形さんなのか?と疑ってしまうような風貌の鳥なのです。当然、お人形さんではないので動く姿を見て「どうして、こんな愛らしい姿のふかふかしたぬいぐるみのような生き物が目の前を動いているのか?」と私の脳は理解ができませんでした。
そんな衝撃的な出会い以来、オオハシはお気に入りのモチーフのひとつに。

frame_oohashi_01.JPG

こちらの額も昨日ご紹介したカンムリヅルとヘビクイワシ同様「ミニ額」の部類に入る大きさで、外寸が110×79とハガキより大分小さいです。こげ茶色のウッディなフレームですが、木枠が細めなので中のガラスの面積はカンムリヅルたちよりも大きく、画面がそこそこ広く使えたので鳥の他に葉っぱやお花も登場し、ちょっとお得な作品(?!)かもしれないです。

frame_rurikongo_02.JPG

4枚目ラストを飾るのは「ルリコンゴウインコ」。
この額、実は結構高級品でした。何という名称の木かは分かりませんが、色や質感がとても綺麗で木の美しさをそのまま活かしたナチュラルビューティーという感じ。そうですね〜、上手く表現できませんがお洒落な北欧風の家具とかが似合いそうなそんな雰囲気のフレームです。大きさは、他の3つほどミニチュアサイズではないので、絵もしっかり草花を入れることができて少し前に制作したウサギの額絵「花咲ける森」の小型バージョンみたいになりました。それでも、外寸126×150はハガキより少し大きいくらいのサイズなので一般的に考えれば小さいモノとして扱われるのかな。

frame_rurikongo_01.JPG

色合いがとにかくマッチしていて、稀少な額だったので手放すのが惜しいくらいお気に入りなのですが、ルリコンゴウインコの美しさに賛同してくれる方がいるかも?と思い、出品中です。
(もし、売れ残ったら作家私物として自室に飾ります(笑))

小さい額の稀少性や魅力を2回に渡り、ご紹介させて頂きましたがいかがでしたか?
欧米のような広いお家なら壁がたくさんあるし好きなだけ大きな絵を飾れるけど、日本のお家はなかなか飾るスペースを確保できない。でも、ミニ額なら悩まなくてもちょっとの隙間に飾ることができるし、1つだけポツンとアクセントに飾るもよし、少し余裕があるならミニチュア美術展示室みたいに小さな額ものを何点か飾るのも楽しい。そして贈り物としても相手が「飾る場所なくて困る〜」というプレッシャーや余計な心配がいらないというのも個人的には魅力の一つかな?と考えています。万華鏡もそうですが、手に取った時に何だか宝物のように愛しく見えるものというのは、やっぱり「小さい」とか「繊細」とかそういう雰囲気のあるものだから、みずあめやはこれからもドーン!!と大型な作品よりこじんまりしたサイズの作品を作っていきたいです。


オオハシのページはこちら
http://tsukishizuku.ocnk.net/product/2409

ルリコンゴウインコのページはこちら
http://tsukishizuku.ocnk.net/product/2410

posted by mizuame at 14:01| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする