2015年09月01日

万華鏡のタイプ

みずあめやでは、以下のタイプの万華鏡を制作しています。
「納品のお知らせ」に記号(アルファベットと数字)で掲載されますので、参考にご覧ください。

オイルワンド(OW)タイプ
液体の入ったスティックが先端についた万華鏡。

OW-6…最小サイズの万華鏡。七宝で絵付けされたもののみ制作。
OW-7…みずあめや作品で一番大きな万華鏡。七宝絵付けとパート・ド・ヴェール装飾の2種類あり。
OW-45…中サイズの万華鏡。パート・ド・ヴェール装飾。

ドライ(DC)タイプ
液体の入っていない昔の万華鏡のように本体をクルクル回転させて覗く万華鏡。

DC-2…ドライタイプでは最小サイズ。パート・ド・ヴェール装飾。
DC-1…OW-45と同じ長さの中サイズの万華鏡。パート・ド・ヴェール装飾。

CUBEタイプ
通常は販売していません。お店やギャラリーなどの特集会や展示会などで不定期で制作している特別な万華鏡。


※七宝とパート・ド・ヴェールには価格の差があります。同タイプの万華鏡の場合、七宝装飾の物よりパート・ド・ヴェールで仕上げられた作品の方が高価です。タイプによって様々ですが、一例として七宝タイプが15,000〜25,000円前後、パート・ド・ヴェールが23,000〜40,000円前後。
※万華鏡は1点1点手作りですので、全く同じものはありません。


posted by mizuame at 00:00| 万華鏡のタイプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする