2016年02月25日

お部屋の万華鏡と額絵

お部屋シリーズ.JPG

DC−2のお部屋シリーズ。
左が「505号室(椅子)」で右が「506号室(鳥かご)」。
「505号室」は、額絵とお揃いのような万華鏡にしました。
さっそく兄弟のような額絵たちも紹介しましょう。

DSC00933.JPG

「羊の行進(赤い部屋)」
横長のやや大きめの額絵作品です。ドアからドアへ羊たちの移動の様子が描かれています。

DSC00997.JPG

「502号室(羊の行進)」
こちらは、小さいサイズの額絵。先ほどの大きい絵と羊の向きが違いますね。
そして、ドアからドアに移動していた羊がこの絵ではアーチの向こうを歩いています。つまり、違う部屋ということになります。

特別なストーリーがあるわけではありませんが、作者なりにイメージはあって、迷路のような不思議な建物の中を彷徨っていると、どこかで見たような部屋にまた迷い込んで…
「あれ?この羊はさっきの部屋にいた羊かな?」と。
でもよく見ると違う部屋で、似ているけどどうやら違う場所らしく、それを延々と繰り返す…。
そして、ハッと目が覚める。

ああ、夢だったのか…と。

夢の中でどんなに真剣に悩んだり、考えたりしても朝目覚めるとその解決方法や問題そのものがどうも曖昧でモヤモヤしたりすることがあります。
でも、その夢の中に登場する空間やそこで感じた空気は恐ろしいほど生々しく、しばらく整理できず混乱したり。そして、「今日見た夢がね…」と誰かに話したくなったりするけど、大抵それは他者には伝わらない。
夢は、自分だけのものなのです。一人しか覗くことができない万華鏡の映像の世界と少し似ているかもしれませんね。






posted by mizuame at 15:48| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DC−2の万華鏡

桜文鳥.JPG

さぁ、ジャンジャン紹介していきましょう。
お次もDC−2の4面装飾タイプ「サクラブンチョウ」です。
写真では分かりにくいですが、ミルクティーのような淡いベージュのガラスに文鳥がいます。
こちらも映像は黒い背景で、文鳥の口ばしのような赤い豪華な映像が楽しめる作品です。

キリンたち.JPG

キリンは全部で2色。左が水色で、右がライラック。
装飾は正面のキリンのみのシンプルなDC−2なので、お値段もちょっとお手頃です。でも中身は、変わらず綺麗です。どちらも黒い背景の映像です。

うま.JPG

久しぶりですねー。
「ウマ」です。最近何故かあまり作る機会がなくて長らく姿を消していました。
今までは、ザ・和風なイメージで袋も豪華な帯を使用した「お殿様の馬」みたいな(笑)印象がありましたが、この子は久しぶりだしちょっとイメージを変えて、動物のプリントが特徴的な古い更紗風の袋をあわせてみました。残念ながら写真がありませんが、とても素敵な雰囲気に仕上がりましたよ。


posted by mizuame at 14:00| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボタンとコザクラ

R0032723.JPG

初登場「キエリボタン」です。
ボタンインコは、羽の色が色々あるインコ。
小桜インコとサイズや体型はよく似ていて、セキセイインコよりも丸っこいのが特徴。そして、目のまわりが白いのがチャームポイント。

R0032687.JPG

こちらは「ブルーボタン」。
どちらもDC−2の4面装飾入りの万華鏡です。
ボタンインコは、キエリもブルーも黒い背景の映像にしました。

オーストラリアン イエロー.JPG

一方こちらは、白い背景映像が楽しめるコザクラインコ。この色も初登場ですね。
「オーストラリアンイエロー」という羽の色の種ですが、長いので「イエロー」に略しています。
頭部分が、ド派手な赤でノーマルカラーに似ていますが、ノーマルは身体がグリーンで、この子は鮮やかな黄色い身体です。中身は、外観に合わせてカラフル。美味しそうな果物のような映像です。

小桜インコは、今回ノーマルは出品していませんが、「コバルト」はあります。
どちらも背景ガラスは白なので、黒い画面がお好きな方はボタン、白い画面がお好きな方はコザクラがおすすめです。


posted by mizuame at 13:42| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CUBE作品3

カモシカ CUBE.JPG

今回のDM作品になった「占い師(カモシカ)」。
昨年の個展では、額絵がDMでしたが、今回はCUBEのカモシカを採用しました。
占い師シリーズは、このカモシカからスタートしたので、私達姉妹にとってもカモシカの存在は重要というか、特別です。
この子は、初日の朝一番に旅立っていきました。私達の作品をいつもとても理解して下さる方の元に旅立っていったので安心です。新しいご家族の元で、じっくり占ってもらいたいと思います。

DM作品.JPG

DMで使った写真。静かな空間にスッと置くことで、怪しい世界がちょっとスタイリッシュに(笑)
お気づきの方もいると思いますが、占い師たちは全員とても繊細で美しい指をお持ちです。あれ?でも…
アニマルたちに5本指って変じゃない?
そうですね。本物のカモシカは、指ではなく蹄(ひづめ)ですから。
では、この美しい指の動物の正体は…?

占いという能力を持った特別な動物たちなのか、それとも獣の被りものを着た人間の占い師が中に潜んでいるのか…

…ご想像にお任せします。

でも、彼らは決して人間の言葉は話しません。
そして、水晶玉のほかに…
うさぎは野菜、コアラはユーカリの葉、カモシカは小石と枝を占い道具としてよく使うようです。





posted by mizuame at 13:18| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CUBE作品2

占い師 コアラ.JPG

蝶々と葉のリングは、この中に入っています。
先日出したクイズの正解でもあります(皆さん、正解でしたか??)。
こちら、CUBEの新しい絵柄「コアラ」でございます。

あの愛くるしい人気者のコアラが…
真顔で占いをしている…。

どの動物よりも滑稽なシチュエーションのような気もしますが…
この怪しい雰囲気がたまりません。

色合いもとても綺麗なので、他の面も写真でご紹介します。

コアラ 側面1.JPG

蝶々の場面。
淡い黄色→きみどり→むらさき
大まかに書くと色の変化は全てこのパターンで統一しているのですが、場面によって色の面積が変わってくるので1枚ずつ色の印象も多少違ってみえます。

コアラ 側面2.JPG

怪しげな樹の場面。明るい月明かりから、少しずつ暗いトーンに移行していくグラデーション。
蝶々のシーンでは、半円を描くように色が変化してくのに対し、この場面は上から下へのラインが強く出ています。そして、一番濃い色である紫色の面積が一番多い場面でもあります。

コアラ 側面3.JPG

最後はお部屋の場面。白いタイルの床が一見すると不気味そうな部屋の印象を明るい雰囲気に見せています。
電球のまわりを飛んでいるものは、鳥なのか、昆虫なのか(蝶々)…特に決めていませんが、見る人によって感じ方が違う一番謎の多い場面。
占いの館の一室でしょうか…??





posted by mizuame at 12:57| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CUBE作品1

R0032713.JPG

西宮2日目。
今日は、昨日の流れもあるこのお方からご紹介します。

CUBEの「占い師(うさぎ)」です。
鮮やかなオレンジ色に変身した今回のうさぎ。
まさにキャロットのような色合いですねー。

R0032662.JPG

こういう色のうさぎは、実際にいるのですが、ガラスで表現するとかなりパンチのきいた印象。
この綺麗なキャロット色が入った古い刺繍リボンを使った専用の袋もとってもよくお似合いなので、是非そちらもあわせてチェックしてもらいたい作品です。
そして、中の映像もCUBEタイプはどれも本当に美しい(と私達は思う)。

R0032648.JPG

こちらは、内蔵されているリング。
手前の星座模様の方が、うさぎに入っているリングです。
左奥のもうひとつの方の蝶々と葉の模様の主は…

次のページでご紹介します。


posted by mizuame at 12:33| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

占い師のオイルタイプが登場

R0032658.JPG

OW−7の「占い師(うさぎ)」です。
OW−7だから結構デカイ。
当然、うさぎの顔もデカイ。

R0032657.JPG

びよーん。
この子は、クールビューティなお顔かな。綺麗な顔立ちのうさぎです。
昨年作ったCUBEのうさぎと同じような色使いですが、オイルタイプだし映像は全く違います。珍しい配色の映像になりました。

占い師のOW−7はライオンしか作ったことなかったので、果たしてジャンボサイズのうさぎはどうだろう??と思いましたが、実際巨大なうさぎが存在するのを皆さんご存知ですか?
「フレミッシュジャイアント」という品種のうさぎで、中には10キロを超えるものもいて、小型犬や猫よりもはるかにデカイ。大きいと可愛くないのでは?と思いきや、とんでもない。非常に可愛いのです。

万華鏡も同じで、大きなうさぎもきっと可愛いに違いない…。
そんなことを考えながら…黙々と作り…
無事完成。
やっぱり、とても可愛いー。
ウサギは大きさに関係なく、どんなサイズでも可愛い最強のビジュアルの生き物かもしれない。
この子は大きい分、自慢のフワフワした毛並みもとても彫り応えがありました。

ところで、どんな占いをしてくれるのでしょうか?

作者の想像では、人間の言語は語らず鼻をモグモグ細かく動かしながら、静かに水晶に手をかざしている。
そして、にんじんや野菜を使ったオリジナルの占いを得意とし、野菜を机に並べたり、転がしたり、時にはかじったりしながら私達の運勢を占ってくれる。最後に好きな野菜をお土産にくれたりもするが、時折その野菜はかじられていたりする…。

そんな時も動揺せずに…

「あ…ありがとうございます…」と感謝の言葉を忘れずに退室するようにして下さい。
お礼を言うと、静かにお辞儀をして見送ってくれることでしょう。

そして、外に出ると不思議と気分もスッキリするのです。



posted by mizuame at 23:25| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

始まりました!

R0032774.JPG

西宮阪急イベントが本日始まりました。
会期は3月1日夕方までです。宜しくお願いします。

売り場の様子です。
壁がないので、額絵たちもショーケース棚での陳列になりました。
もう1つ手前にも大きなショーケースがあります。


アートギャラリー.JPG

こんな感じ。通路から1、2、3とみずあめや陳列棚が続きます。
ケース内に入っている万華鏡も手に取って覗いて頂けますので、気になるものがありましたらスタッフにお声かけ下さいね。



posted by mizuame at 22:35| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

フライイング公開!!

空中の間.JPG

来週24日(水)から、いよいよ西宮阪急でのイベントが始まります。

本日はタイトルの通り、額絵の一部をフライイング公開!

みずあめやの額絵はここ数年本格的に始めたもので、万華鏡に比べるとまだキャリアは浅い。
でも、その分自分たちで「進化」をぐんぐん感じられるから発見があって楽しい。

ガラスを焼き、絵に合わせて額の塗装をし、カチッと2つが噛み合った時に1つの作品になる。
これは、万華鏡と似た感覚かもしれない。万華鏡と中身の映像、そして袋…様々なものが1つの作品になるために同じゴールを目指して作られ、最後にカチっと出会う。だからバラバラにはしない。
万華鏡と袋の関係もそうだし、ガラス絵と額の関係も同じ。一体感がとても大事だと思う。

つきあたりの部屋.JPG

写真一番上は「空中の間」という作品。そして2つ目の赤い方は「つきあたりの部屋」。
夢に出てきそうな不思議な空間をテーマにした額絵が他にも登場します。
この2枚は、やや大きめ。大きいといっても、みずあめやは全体的にミニマムですから(笑)、世の中的には全然大きくありません。もっと小さいのも作ったので、この2枚は大きめ扱いということにしていますが、どの絵も広い壁は必要ありません。
玄関、廊下、部屋の柱コーナー…日本の住宅事情に適しているサイズ感です。
数は7〜8点の予定で、大きいのが4、5枚(曖昧ですみません)。小さいのが3枚です。

皆様のお越しをお待ちしておりま〜す。


「みずあめや作品展」
西宮阪急2階アートギャラリー
2016年2月24日(水)〜3月1日(火)
10:00〜20:00まで営業 ※イベント最終日は17時終了

作家在廊日 24日(水)、27日(土)






posted by mizuame at 14:32| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

イベントのお知らせ(西宮阪急)

みずあめや作品展、今年もやります!

西宮阪急2階アートギャラリー
2016年2月24日(水)〜3月1日(火)
10:00〜20:00まで営業 ※イベント最終日は17時終了

作家在廊日 24日(水)、27日(土)


毎年恒例の西宮阪急でのイベントです。
今年は、会期が1週間と短めですが、皆様のご来店をお待ちしております!


posted by mizuame at 16:53| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西宮に向けて

今月、いよいよ西宮のイベントがスタートします。

この間写真付きで紹介した占い師たち。
今度の西宮で発表する子たちを新に制作中。
CUBEタイプのウサギは、背景色を一部変更し毛もオレンジ色に変身。
前回の子に負けずパンチのきいたカラフルな子になりそう。
そして、OW−7のウサギも登場します。昨年は、ライオンでしたが今回はウサギにしてみました。
OW−7はワンドタイプなので、CUBEとはまた違った雰囲気の映像になります。

そしてそして。
CUBEの占い師シリーズに新しい動物が登場しますよ。
ちょっと意外な動物かな。パートでこの動物を制作するのは初めてです。七宝では過去に1個だけ制作しましたがガラスを盛るのがとても大変だった。京都のお客さんだったかしら…貴重な1つをお買い求めになられた方が2年ほど前にいます。七宝はとにかく小さくてあまりに苦労したため、その後登場することはなく幻の作品となりましたが…パートで作ってみると意外と顔に特徴があるので型彫もわりとスムーズにいきました。パート向きのお顔かも。

ヒントは…
草食動物
あまり大型ではない
寝ていることが多い
大変愛らしい姿
野生は外国にしか生息していない
日本の一部動物園で見ることができる
有名なお菓子のモデルになっている

こんなところでしょうか。
その他、カラフルな七宝OW−6、DC−2パート、額絵も登場予定。
額絵は、昨年行った清澄の個展で完売しているので、西宮用に改めて制作中。
こちらもお楽しみにー。

今日は節分ですね。

皆さん豆食べました?



posted by mizuame at 16:41| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納品のお知らせ(銀座三越)

明日2月4日(木)納品予定です。

◎銀座三越 7階ジャパンエディション

OW−6
キリン(モスグリーン)
文鳥(グレー)
バク(パープル)
小菊(黄色)
雪うさぎ(赤)
雪うさぎ(ミント)
龍(紺)
椿(白)

以上8点。全て七宝OW−6です。
売り場に明日到着予定ですが、詳細な時間帯は分かりませんので、お出掛け前に売り場にご確認下さい。





posted by mizuame at 16:06| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

4面キューブ(おおかみ)

R0032317.JPG

R0032318.JPG

R0032320.JPG

R0032319.JPG

4面キューブのオオカミです。
オオカミは、2013年の個展DMにも登場しましたね(ボーリングのピンを頭に乗せた子)。
この子は、一番最後に制作した占い師で、他の占い師が結構ワイルドな感じの仕上がりだったので、2013年の子と同じ表情にはできないなと思い、少し厳しい表情の子にデザインを変更。
ご購入下さったお客様は、2013年のオオカミもお持ちなので、見比べると違いが分かると思います。
同じ動物でも顔の表情や毛の色、ボリュームなどちょっとしたことを変えると全然違ってくるから面白いですね。因みに、この子のチェンバー部分に内蔵してある真鍮リングは、「12星座」。
彫金担当のみずあめ姉が、1つずつ作品に合わせてリングのデザインを考案しています。キューブ作品は、そういう細部にまで拘って作っているので、来月西宮に登場する新しいキューブたちも是非注目して頂きたいです。

posted by mizuame at 16:59| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4面キューブ(うさぎ)

R0032321.JPG

R0032322.JPG

R0032324.JPG

R0032323.JPG

昨年の個展で発表した4面キューブのウサギです。
パート作品でウサギを作ったのはこれが初めて。
七宝では個性的な衣装を着てキュートで滑稽さが売りのウサギですが、パートの落ち着いた色味や質感には、ちょっぴりシリアスさが必要なので七宝の時とは全く違う印象のウサギに仕上げました。
写真をにらっめこして気づいたこと…実はウサギって鋭い顔の生き物なんですよね。
そして、完成したのがこのシャープな顔のウサギです。
色も黄緑〜パープルという今までに使用したことのないグラデーションにし、色んな意味で新しい冒険が出来た作品となりました。



posted by mizuame at 16:59| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明けました

皆様、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
年末年始、ゆっくり過ごして存分にリフレッシュしたみずあめ姉妹。
新しい年を迎え、気分新に充実した一年を送れるよう二人三脚で今年も頑張りたいと思います。
まずは来月の西宮でのイベントに向けて制作準備を始めました。
1年に一度の西宮イベント。今年はどんな内容になるかな。私達も楽しみです。
というわけで、2016年のはじまりはじまり〜。


みずあめシスターズ




posted by mizuame at 16:26| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

個展のお知らせ

R0032233 (1).JPG

みずあめや展「Wunderkammer〜不思議の部屋」
2015年11月27日(金)〜12月6日(日)
月・木・金・土 11:00〜18:00 水・日 11:00〜17:00
火曜 定休
作家在廊日 11/27、28、29、12/5、6

カモシカの占い師が水晶に手をかざすと、どこからともなく無数の蝶が現れ、
電球の周りに黒い雲が漂い始めた。
「ここはヴンダーカンマー…ようこそ不思議の部屋へ」

不思議な絵が描かれたガラスの額装作品や万華鏡が、
4年ぶりに楽庵にやってきます。ぜひご高覧下さい。


Tea Room Gallery楽庵
東京都江東区清澄3-3-23
03-5621-4777
www.kiyosumi-01.com/

東京メトロ半蔵門線・大江戸線
清澄白河駅A3出口から徒歩2分


posted by mizuame at 17:08| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月09日

占い師(ライオン)

R0032142.JPG

10月7日にリモデルオープンした銀座三越さんに納品した「占い師(ライオン)」です。

ワンドタイプでこういうパート・ド・ヴェールの作品を作るのは初めてじゃないかな。6月にやったプチ展示で「オオハシ」を発表しましたが、今回のは風景シリーズや額絵の延長にあるような絵なので、またちょっと雰囲気が違って見えます。

「占い師」は、結構前から構想はあったのですが、正式に発表したのは今年の西宮阪急での展示でその時はライオンではなく、カモシカの占い師のCUBE作品でした。CUBEは、4面絵を焼くので1個作るのがやっとで、西宮では初日の早い時間に旅立っていったので、ほとんど人の目に触れることはなかったと思います。
妹は、このカモシカをとても気に入っていたので、仲間を増やしてまた改めて発表したいなぁと考えていましたが、それ以来なかなか作れなくてそのままになっていたところ、今回の三越さんからの依頼で新作を作るチャンスに恵まれました。

R0032154.JPG

ライオンを制作すると決定した当初は、全く違うデザインのものをやろうとしていたのですが、どうにも上手くいかず、締め切りだけがどんどん迫っていて姉に「あんまり、真面目なライオンを描こうとしないで自分の描きたいライオンを作った方がいいよ」と背中を押されて、「じゃあ占い師が作りたい」と全てを白紙に戻して完成したのがこの2作品です。

自分の頭の中にあった絵がそのままガラスという新しい姿となって窯から出てきた時は、ほっとした気持ちと達成感でいっぱいでした。

三越さんの考えてるライオンとは多分違ったと思う。きっと、もっとライオンらしいライオンをイメージしていたと思います。三越の偉い方からは「銀座のイメージで」というお話だったのに、完成したのが「占い師」だから正直デパート側が気に入ってくれたかは分かりません(笑)
でも、こういうライオンしか浮かばなかったし作れなかったので…。姉の一言で、無理をしている自分に気づいて、解放したらこういう作品になったということは、これが一番私達にとっては「らしい」姿なのかな、と。

11月末の清澄で行う個展では、この「占い師」を改めてきちんと発表する予定です。
額絵も作りたいし、またCUBEにも挑戦したいし、動物ももっと増やしたいと考えているところです。

R0032156.JPG

そして、このライオン君もとても気に入っているので、全く同じものは出来ないけれど限りなく近いかたちでもう一度作れたらいいなと思っています。
因みに写真だと分かりにくいですが、左がブルー系で右がグリーンがかったグレーです。ブルーの子はブルー系、グレーの子は淡いパステル系のオイルワンドがついています。
袋の使った布もとてもマッチしていて格好よかったのですが、ハギレで小さかったのでどちらも1点限りでおしまいになりそう。ちょっと残念だけど、次に作る子にもまた素敵な袋を作ってあげたいな。

この子たちの納品先はリニューアルした銀座三越7階のジャパンエディション内です。
機会がありましたら、ライオンに是非占ってもらって下さい。

そして、個展にも是非。どんなアニマル占い師たちが今後誕生するか楽しみにしていて下さいね。

posted by mizuame at 14:20| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

ギリギリすぎる〜!!

皆様、お久しぶりです…

来月5日に納期が迫った三越さんのスペシャル企画。

ある程度予想していたものの、凄まじい難産であった…。

で、失敗があまりに続いたせいで、だんだん自分が何を作りたいのかが分からない迷走状態に入っていってしまい、気力も低下…

「こうしたい!」「もっとこういう風になればいいはず」みたいな手応えがあれば失敗が重なっても大丈夫なのですよ。でも「どこが悪いのか分からない」とか「どうしたら良くなるのか分からない」というのが最悪なパターンで、イメージ出来ていないのに闇雲にやり直しても絶対に納得いくものにはならないので、こういう迷走状態が一番マズいわけです。

そもそも今回の依頼は、テーマが「銀座」だったにも関わらず、全く絵が浮かばなかったために半ば強引に三越さんのシンボルである「ライオンでやらせて下さい!」とこちらが提案したという経緯もあって、先方に折れてもらったのに良い作品を提供できないなんて、洒落にならないわ…と精神的な重圧もかなりあった。

ライオンをプッシュしたのに、実はライオンなんて作ったこともなかったので、最初から挑戦の連続で。
新な試みというのは、面白いのですが、納期が迫ってくると流石に面白いというより段々苦しみの比重が多くなってきて…。昨日の時点では、表紙となる絵も1枚も焼けておらず。

はぁ…全部夢だったらいいのにー。とか、子供みたいなこと思ってしまったり。
目が覚めると、何も出来上がっていない現実にショックを受け…9月はずっとこんな感じだったので、とてもブログを更新する状態ではありませんでしたが、先ほど窯出ししたものが、ようやく納得いくものが焼けたので、久しぶりにパソコンを開きました。

まだ完成はしていませんが、妥協しなくて良かったなぁ!と心から祝福できたので、良い作品になると思う。
この気持ちがお客様にも届いて、受け入れて頂ければ三越の店員さん含め全員ハッピーだし、当然それが私達の最大の喜びでもあるけれど、まずは自分たちが納得して素直に「好きだな!」と思えるものを作ることに専念する。これが一番大事ですね。そこをクリアできたか、できないかという部分が自分の満足にも直結してくると思うので、大変だったけどこのお仕事を引き受けて良かったと思います。

まだ終わってないけど(笑)

う〜ん。それにしてもギリギリ過ぎ!間に合わなかったら、どうするんだ!

というわけで、作業に戻ります…。






posted by mizuame at 11:45| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

たまには二人で同じ絵柄を焼いてみたりもする

R0031869.JPG

本日から、うめだ阪急のイベントが始まっております。
宜しくどーぞ。

さて、東京は久しぶりに太陽が出て蝉が復活。
このところずーっと肌寒くて夜は毛布を引っ張り出して寝たり、日中も長袖着たりしていたので、ほんとうにお天道様をお見かけするのは久しぶりです。でも、週間天気予報によればまたお天気は下り坂のようで。
というわけで、本日は洗濯物をやっと外で干せますね。

そうそう。写真は先月末にアンティナさん宛てに送った「鷺」です。
今年に入って復活した鷺は、毎回背景の色を変えたりして作り手も楽しく制作しています。今回は、鮮やかなブルーの子とピンクの2色。どちらも2個ずつオーダーを頂いていたのですが、納品した作品たちはどうやら半分は台湾分で半分は東京の店舗用にするみたいです(詳細はよく分からないのですが…)。

そして、今回の鷺は姉妹二人がそれぞれ1つずつ焼いたので、お顔が結構違います。鷺は、もともと妹担当だったのですが、限られた時間内で一人で4つ焼くのは厳しい状況だったので、分担にしました。
昔、家庭画報に掲載された七宝「雪うさぎ」の大量注文が来た時も二人で同じ絵柄を分担して制作したことがありましたが、それ以来かな〜。

因みに、写真の鷺は左のブルーが妹、右のピンクが姉です。

それなりに癖のようなものが二人ともあるので、どちらが自分が焼いた鷺か本人たちはすぐに見分けがつくのですが、どうでしょうか?それぞれの特徴分かりますか?

これは姉…こっちは妹…みたいな見分けがつく人は、相当なマニアです。

極めても何の役にも立ちませんので、極めなくて大丈夫です(笑)





posted by mizuame at 12:45| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納品のお知らせ(西宮阪急)

以下、納品致しました。

◎西宮阪急アートギャラリー

DC-2 小桜インコ(コバルト)
DC-2 カンムリヅル(パープル)
OW-45 睡蓮(パープル)


※ みずあめやからの発送は完了しておりますが、店頭出しのタイミングに関しましてはこちらでは把握しておりませんので、お出かけ前に売り場へお問い合わせ頂くことをオススメ致します。




posted by mizuame at 11:47| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする