2017年05月03日

言葉遊びから想像が膨らむ瞬間

こんにちは。黄金週間いかがお過ごしですか?

最先端(??)のインスタやらツイッターを操る姉に負けじと鼻息荒い時代遅れのブロガーみずあめ妹でございます。

ワタクシ、こう見えまして結構文章を書くのが好きで、あんなことやこんなこと…あることないことあまり脳みそを使わずに書く人です。因みに幼少時に本あんまり読んでいませんが、作文とかレポートとかもあることないこと書いて合格もらってるようなタイプの子供でした。

それで、その名残なのか分かりませんが、絵を描く時に映像のイメージではなく「言葉」が先に浮かんでその言葉のイメージで下絵を描くことがたまにあります。下らない言葉遊びだったり、初めは特に意味を含まない独り言のようなそれらを視覚的表現に変換すると滑稽なものに仕上がる。

例えば、OW−6の「ピーナッツ・レター」。
全く予測不能な瞬間にこの言葉が頭に浮かびました。次にピーナッツが片手に手紙を持って歩いている、という絵が浮かぶ。道の向こうから普通に歩いてきます。ピーナッツが。その絵を紙に描く。こんな感じです。
大丈夫ですか?皆さんついてきて下さいね(笑)
「ピーナッツ・レター」という言葉は多分、ピーナッツ・バターからきていると分析しますが、ピーナッツの手紙の封はきっとベタベタしてるし、開封すると別に何も書かれていないんじゃないか?とか、色々想像して楽しみます。どのように想像して頂いても構いません。この絵は姉もお気に入りで、あまり頻度は多くありませんが、たまに妹が制作すると大変喜んで色々想像しながら組み立てるそうです。

せっかくなので、インスタで紹介している「占い師」についても今日は詳しく書いてみます。
CUBEや額絵に登場した「占い師」。言葉の次に浮かんできたのが、動物の占い師。
占い師にはその続きがあり、彼らを前にした時の自分の心境や台詞、そんなところまで想像が膨らんでいました。

占い部屋の扉を開けた先にあんな占い師がいたら…どんなに滑稽だろう?
とりあえず、予定通り自分の悩みを打ち明けたりするのだろうか?
助言は、きっと共通言語を持たなくて理解できないだろうけど、占い中だから離席するのはやめておこう。
いつ、どのタイミングで帰ろうかな?とか考えてちょっと変な汗も出てくる。

きっと占いというのは救いを求める行動であり、この部屋を訪れた私は実際に問題を解決することを期待しているのではなく「解放」が目的であろう。
だとしたら、会話も成立しないような人間でもない占い師と対面したら、そのことの方が気になってしまい、最終的には肝心な悩みを忘れて帰るのではないのか?

この「占い師」のシチュエーションでは、「ナンセンスなことは、必ずしも人を不幸にするものではない」と想像の中の彼らと対面した私は決着がついて力強く占い部屋を出ることになります(人それぞれ、考え方や感じ方は違うと思いますが…)
動物の姿というのは珍しく自分の中では意味のあることで、本能に従い自然に暮らす動物たちにとっては、食べること、眠ること、繁殖することこそが日々必要なことで、とにかくそこにファーカスして暮らしている。それは、複雑な社会の中で生活している私達人間が忘れがちなとても大事なことで、もしも動物たちに私達の悩みを打ち明けたら、彼らはどう思うだろうか?

「…それで?今日のご飯は見つかりましたか?」

動物たちから感じる逞しさに触れて自分の小ささを自覚する。実際に言葉が通じなくとも、その姿から気づかされることがあるのなら、奇妙な姿の占い師は救いを与えてくれる存在なのかも。
可愛いから、綺麗だから、というのも大事な要素かもしれませんが、自分の物差しの長さ、遠くの方ばかり見てしまう視線を手前に調節してくれるものというのは何であれ有難い存在なのだと思います。

どうですか?占い師たちと対面した自分の姿、少し想像できましたか?

今日は言葉がきっかけで誕生した「ピーナッツ・レター」と「占い師」についてご紹介しました。






posted by mizuame at 16:46| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

ドードーナイトにいかナイト?!

連休後半戦の明日から上野の国立博物館では「大英博物館展」の「ドードーナイト」を開催するそうです。
「ドードーナイト」ってただただ言いたくなる。何てマジカルな響きなんだろう。
博物館のサイトによれば、連休中の夕方18時以降の来館者にオリジナル・ドードーステッカーをもれなくプレゼント。このキャンペーンは7日まで行われるとか。

ドードーナイトにもれなくドードー・ステッカー…

行きたくなった。
でも、ステッカーを貼るところがないなと思い、混雑しそうな連休はあっさり諦めた。
筆箱や下敷き、お道具箱…ステッカーを貼る場所がかつて沢山あった時代が私にもあった。
今は違う。貼ったら困る場所だらけである。

自分がステッカーを貼ると台無しになることを自分で知っている。

貼り方が悪いのか、貼る場所のセンスがないのか、運動神経がないのかは分からないが、あれを貼って格好よくなれたことがあんまりない。

ドードーのステッカーは魅力的だけど、貼る場所がないからなぁ…

(それさっきも書いたよ)

別な日に行くドー。必ず行くドー。

待っててドー!

待ってるドー!



posted by mizuame at 01:58| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

販売禁止の布があるって話

ファーを入手したワタクシは、人に笑われる例のスケッチを片手に更なる一歩を。

…その前にしっかり調べておかないといけないことが。

それは布の「商用利用」に関するルールのお話。
この話、聞いたことある人も多いのかな?
んー、でも布ものを扱わない人はほとんど知らないかなと思うので、お題の通り布のお話を書きます。

普段、みずあめやで使用してる布は骨董市等で仕入れてくる古い布が中心なので、商用利用の問題はあまり意識する必要がないのですが、手芸屋さんや布屋さんで販売している布には「商用利用不可」のものが一部あります。
分かりやすくいうと著作権の問題ですね。キャラクターがプリントされた布やデザイナーさんの手掛けるお洒落なプリントの布はほとんどが商用利用不可で、その布を使って製品を作って売ることが禁じられているのです。お金にしてはいけないので、プロアマ問わずその布を使用して鞄とかお洋服とかを作って売ることも当然違法になります(バザーとかでもダメです)

改めて調べてみて大変だなーと。いちいち布買う時にそれを確認してから使用している作り手もいるようですが、布屋さんも詳細なことを把握してなくてメーカーやデザイナーに聞いて下さい、みたいなケースもあるとか。布と一言で言っても色々なんだなぁ…としみじみ。

と、調べたところで。
スケッチをもう一度見ながらイメージを膨らませてみる。

どうやら今回もそういう問題とは無縁になりそうだ。
こんな下らない自分の企画で、商用利用不可のおシャンティなブランド布を使用することは、きっとないだろう。

下らないとは何だ!失敬な!

自分で言っておる。

確かに見ればみるほど、下らないスケッチである。

是非とも見せてって?

明日、庭に埋めます。で、夜中に掘り返す。

土だらけになる → 泣く



posted by mizuame at 01:08| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ゴールデンじゃない住人

先日、ある人のツイートを読んで、妙に共感してしまった言葉。

人の言葉なのでそのまま使用することはできないけど、内容は「モノ作りしてる人が生み出している物は永遠に生み出される物ではない」ということ。その人自身もモノを作る人で、周りにいる作家が何人か介護生活に入り、続行できなくなったと。それだけ、環境に左右されあっけなく閉ざされる世界であること。
本人に何かがあれば当然そこで絶たれるし、この人の書いていたように身内の事情であっけなく制作できなくなる。

私もギャラリーで個展を開催した時に帰り際にお客様から「来年もやるわよね?」と声をかけられ、その度に答えに詰まった経験がある。「うー…そうですね…どうでしょうか…」とかモゴモゴ言いながら、何ともやりきれない気持ちになった。個人で作っているものは、本人しかやる人間がいないという部分で、本当にあっけなく続行できなくなるものであるということは、自分は理解していてもそれを前面に出しながら活動する人はまずいない。内心、そういう事情を抱え「次はできるかな?」と感じていてもだ。
私も「そうですね、またやりたいですね」という希望を伝えるのが精いっぱいで約束のように聞こえる「またやります!」は口頭ではいつも言えなかったように思う。伝統を引き継ぐとかそういう世界でもないし、本人が作れなくなったらそれでおしまい。

「うちの店が明日どうこうなっても大した影響じゃないよ」
結構前に個人で小さなお店を営む古い友人が何気なく言った言葉。その会話自体はそんなに重苦しい場面ではなかったけど、言葉の中に含まれる意味は、店の小ささとは比較にならないほど重くて未だに覚えている。
お店はまだ経営しているけど、その言葉は毎日更新され続ける。
確かに個人でやっていることは小規模で影響力が小さいのかな?と思う。しかし、それだけあっけなくある日突然、永遠に消えるもので「次」とか「明日」とか「来年」という言葉は、途方もなく高い壁なのかもしれません。

私達も15年やってきて更に15年後っていうのはちょっと想像しにくくなってきて、単純に年齢の問題もあるけど、自分や親の老いというのが確実に迫っているということを忘れてはいけないなと。みんな通らなくてはならない道を避けることはできないし、1日でも長く自分の手から生み出せる物を生み出していきたいなとその人のツイートや友人の言葉を思い出して改めて感じました。

んでもって、後悔したくないから元気なうちに作ろうと思って準備している物の構想を姉に電話したら例の「頑張って下さい」に続いたわけです(詳しくは前のブログをご覧ください)

そういう流れよ。
まぁ、これでも結構真面目に色々考えてはいるけど、眼鏡の鼻パッドは相変わらず見つからないし日常はホント冴えないわよ。何で急に「よ。」を多用してるのかよく分からないけど、そうなのよ。
冴えないから、ゴールデンウィークも黄金率低めよ。

皆さんは、キラキラゴールデン?
それとも、金ぴかゴールデン?
落としたのは金のゴールデン?銀のゴールデン?

はぁ…また下らないことを書いてしまったよ…。

以上、黄金率低めの人のぼやきでした。




posted by mizuame at 20:44| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

毛を頼んだ

ようやく、毛を頼んだ。

フェイクファーと呼んでいたものが、ちょっと違っていて「ジャーマンモヘア」とか呼ばれてる素材が羊毛とかアルパカとかからできている毛で、お高い理由はそういう天然素材だからだという。
なるほどねー。化繊のフェイクファーは、ここまで入手困難ではないし、価格ももう少し色々で安いのから高いのまで豊富ですものね。でも輸入もので天然素材のモヘアたちは、入手方法も限らているしお値段も化繊のファーと比較すると、安い価格帯のものは皆無に等しい印象。こんな小さい布でこのお値段かぁ〜、という感じだ。
因みに私たちが服でお世話になっているのは、大抵フェイクファー(化繊のやつ)で、コートのフードとかにたまに本物のファーが使用されてるとお洋服の価格は途端に高価になる。毛の値段の差か?と思ってしまうほど。
人口素材と天然素材の差は、意外と日常でもあるわけだ。

でもって、先日サンプルを取り寄せたのは天然素材のモヘアだったので、いくつか選んで必要なものを購入。
ここ数日は、下絵を描いたり構想を練っているのですが、ある閃きが浮かんで姉に電話して興奮気味に説明したら、「頑張って下さい」と呆れたような声で電話を切られた…。

おーほほほほほー。
「頑張って下さい」は応援の言葉だ。激励だ。
シスターみずあめは、背中を押してくれたに違いない。
そうだろ?
と、都合の良い思考で、そのまま計画続行。

その後、下絵を描いたスケッチを偶然見た別な人(身内)に笑われた。
「何これ。あはははは!」と指さして笑われた。

いいぞ。
笑われたのだから合格だ。

みずあめ妹は全力で下らないことをやろうとしているので、笑うとか呆れるという反応が一番欲しいリアクションなのです。方向は間違っていない。…いや、多分間違っている。しかし、心は踊る。

ノーズパッドは本日も行方不明。







posted by mizuame at 17:44| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

空想お悩み相談室

以下、脳内劇場を開演致します。
皆さま、お席に着席してご鑑賞下さい(想像で)。

コンコン…(ドアを叩く音)

みずあめ:「失礼します。相談があり予約したものです」

相談屋:「はい、お待ちしていました。どうぞお掛け下さい。それで今日の依頼は何でしょうか?」

みずあめ:「実は…その…とても言いにくいことなのですが…あの…」

相談屋:「ご心配なく。依頼者の秘密は厳守致しますので…続けて下さい」

みずあめ:…(深呼吸をする)

みずあめ:「わたくしの…眼鏡ちゃんの…」

相談屋:「…眼鏡…ちゃん…の?」

みずあめ:「ノーズパッドが行方不明です。」

相談屋:「なんと…それは…(一瞬、絶望的な表情を浮かべる)もう少し詳しい経緯を教えて下さい」

みずあめ:「右側のノーズパッドが数日前に無いことに気づいて。でも、初めてじゃないんです。以前も左右問わずシリコンカバーっていうのかしら?透明なゴムみたいなのが外れてしまって。その時は、足元に落ちていたのですぐに拾って大事にはならなかったのですが…」

相談屋:「今回は、違ったのですね?」

みずあめ:「はい…気づいた時にはもう…(涙ぐむ)」

相談屋:「そうでしたか…それは、さぞお悲しいでしょう。」

みずあめ:「ええ…少ーし高さが違いますから左のノーズパッドに頼るしかないのですが、今はその状態で過ごしています」

相談屋:「では、左側も外してしまってはいかがでしょう?」

みずあめ:「え!!そんな…大胆なことを?」

相談屋:「はい、高さ違いが解消されると思います。鼻が痛くなりますけど」

みずあめ:「鼻が痛くなるのはちょっと…」

相談屋:「では、眼鏡屋に行って左側のパッドをつけてもらってください」

みずあめ:「右です」

相談屋:「失礼。では右で…」

みずあめ:「こういう悩みを抱える人は、大勢いるのでしょうか?」

相談屋:「勿論です!1年のほとんどがノーズパッドに苦しむ人たちからの相談ですよ。年間どれくらいのノーズパッドの捜索願いが出されているとお考えですか?」

みずあめ:「そうなのですね…少し安心しました。」

相談屋:「一応、こちらでも捜索を致しますが、ご家族やお友達、見知らぬ人、鳩やカラス、スズメ、靴の裏…どんな些細な情報でも集める努力を…」

みずあめ:「あ!!有力な情報を持っていそうな人が浮かびました!」

相談屋:「ほう!それはどなたですか?」

みずあめ:「掃除機です」

相談屋:「眼鏡屋に行って下さい」





…というわけで、ノーズパッドが行方不明。
本日も手掛かりなし。今年に入り、一回同じ理由で眼鏡屋に行きましたが、店員さんが非常に不機嫌であった。理不尽なことが多い世の中だが、私は諦めない。

ネバーギブアップ、マイ・ノーズパッド。

ファインディング、パッド。

ノーパッド、ノーライフ。

…ちょっと、言い過ぎかな。まぁいいか。
もし、町中にノーズパッドが落ちていたら、それは私のです。
紛失したのは自宅ですが…。


posted by mizuame at 17:47| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

イベント無事終わりました

昨日で二子玉川にあるギフト屋さんでの特集イベントが無事終わりました。
ご来場下さった皆様、ありがとうございました。

特集は終わりましたが、アンティナ・ギフト・スタジオの通販サイトと東京・大阪の実店舗2店で一部作品が購入可能ですので引き続き宜しくお願い致します。
OW−6が品薄になっていますが、追加の予定もありますのでその際はまたブログで「納品のお知らせ」というタイトルでご報告したいと思います。

今回、初めてアンティナさんで額絵を扱って頂きましたが、万華鏡と少し勝手が違いまして材料の仕入れなどの関係で安定して納品させることが困難なため、額絵の販売はこれからも不定期になりそうです。
というのも、私たちは小さな額絵を制作することに拘っていたのですが、なかなか理想のサイズの額が入手できない現実があり解決できずにいます。何とか、万華鏡と同じように常設店で扱って頂けるようにと考えていましたが、小さな額が入手しづらい理由が明確になり、自分たちの力ではどうにもできないと判断したため、無理はせず流れに任せようということになりました。
なので、今までより額絵の制作を増やすことはできそうにありませんが、新作ができたらその都度ブログやインスタなどで公開していこうと思います。

桜が開花したと思いきや、急に下り坂になってしまうお天気。
春は雨が多いですからね。数か月先には悪魔のような夏の暑さが控えていると思うと多少お天気が悪くても、今くらいの過ごしやすい季節はやっぱり貴重かな。
日本が桜色に染まるのをもう少し楽しみたいですね(週末、お花見の予定の方も多いのでは?)




posted by mizuame at 17:27| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

箱の中には…

少し前から、みずあめ姉がゆるく始めたインスタとツイッターを横目にブログの更新をサボる妹。

大した事件もなく、このブログも独り言のような内容ですが、あんまりサボると益々パソコンを開かなくなるので桜がちらほら咲いたところで更新。

はい、地球は4月になりましたですよ。何だかんだ肌寒い日が続いたり長い冬の印象でしたが「4月」に入ると気温関係なく冬ものが着られなくなるので、違う意味で実は寒い春の始まり。スプリングコートなんてものじゃ、夜は肌寒くて足りず、帰宅するなり冬の部屋着に着替えてる人まだまだいることでしょう。

んでもって、わたくしは新たなアイデアをカタチに変えるべく(出来るか出来ないかは置いておいて)、先日あるものを取り寄せました。それは、フェイクファーのカラーサンプル。

フェイクファーって何?

毛だよ、毛。4月に毛の注文。

お店の説明によれば「カラーサンプルを持っている人にしか原則売りません、サンプルは1000円です」

ふむふむ。わっかりました。では1部送って下さい。

サンプルを買わせたいのね。どんなものか見てやろーじゃないかー。
と、早速注文。数日経った昨日の夕方過ぎ…

「ピンポーン。お届けものでーす。」

はいはい、来ました。来ましたよ。ご苦労様です。ポン(ハンコを押す)。

ん??しかし…何だか、意外と…

大きい…けど…まぁ、大げさな梱包というか厳重にね、包んであるわけですよ。ね?そういうものでしょ?

ガサガサ、ガサガサ(開封の音)

「オー・マイ・ファー…」

開けてびっくり。
台紙に丁寧に張り付けられたファーのサンプルカードが箱にびっしり…

思っていた以上の毛量で、1000円はとても良心的なサンプル価格だと思いました。ありがたやー。

このファーたち、色んな事情があり今春値上がりするらしい。
フェイクファーは主にシュタイフとかテディベアの製造が盛んな欧州で作られているので輸入ものがほとんどなのですが、材料や人件費、郵送料の高騰などが響いており、現在の価格を維持できなくなってしまったようで。もともと安いものではないので、今より値上げになるのは消費者としては苦しい話ですが、仕方がないですね。というわけで、余分なお買い物をする余裕はないので、大量のサンプルから必要な分だけ注文しようと只今厳選中。

しかし、凄まじい毛の種類と色数だし価格も色々なので、なかなか決まらず。
いつの間にか「ああ、この肌触り素敵ね〜。この光沢はリアルね〜。」とか毛を愛でる会みたいな状態になってしまって本日も注文できず。

明日こそは注文したいところ。

本日は季節外れの「毛」のお話でした。


posted by mizuame at 20:11| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

羊が一匹

R0035098.JPG

本日、アンティナに入荷のOW−6「羊が一匹(ブルー)」。
羊が三日月をバックに正面を向いているデザインです。
数年前から存在する絵柄ですが、結構人気があります。
例えば、アロマグッズだけではありきたりだし、インパクトを添えたいという時にこの羊の絵柄は活躍しそうですよね。色もブルーだし、夜寝る前に安眠効果がありそうな雰囲気です(イメージですが…)
良い香りのする石鹸やお香、ポプリなどと一緒にプレゼントする。
あるいは、冬ならウールの靴下と一緒に羊つながりで組み合わせてみる。
などなど…

癒し効果のある万華鏡は、こうやって他のアイテムと組み合わせて一緒に贈ったりするとぐっと身近なアイテムとして、受け取る側にも喜んで頂けたりします。
そして組み合わせるものによって、あげる人の気持ちやテーマが伝わりやすくなるお手伝いもできます。
羊の万華鏡は、相手の身体を労わったり優しい気持ちを表現しやすい絵柄なのではないでしょうか。

R0035104.JPG

今日は、新に入荷した万華鏡3点のご紹介でした。
左からOW−6「牡丹」「羊が一匹」「ゾウ(ベージュ)」






posted by mizuame at 15:29| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牡丹

R0035079.JPG

OW−6の牡丹。これは最近の絵柄ですね(昨年からだったかな)。
植物が得意なみずあめ姉の焼いた絵柄です。
写真でも分かるように色使いなどが細かいので、先ほど説明した盛り付け作業は難易度高め。
この華やかな感じは、昔の着物の影響を受けているので、ゾウと違ってこの牡丹は大正時代の古い「ザ・日本」な雰囲気です。
オイルワンドの色合いも外観に合わせ、赤ベースですがやや渋みを感じる深い赤や金色も混ぜ、華やかだけど大人っぽい作品です。
七宝は、ややポップでキュートに仕上がるものが多い中、牡丹のような絵柄は幅広い年齢の方に受け入れやすい落ち着いた雰囲気があるので贈り物にオススメしたい一品。

植物は動物と違って季節がありますが、お客様の感想をお聞きしていると購入する時に季節はあまり気にせず、自分の好きな花だったり、とにかく綺麗であればいつ咲く花であろうと構わないという人が多いようです。日本には四季がありますし、どの季節にも美しい植物が存在しますから、昔から日本人は花を身近なものとして様々なものに描いてデザインに取り入れてきました。きっと、そういういい意味での「当たり前」に存在している花だからこそ、親近感もわくし愛着も持てるのだと思います。




posted by mizuame at 15:04| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする