2017年03月18日

町の額絵たち

ラベンダー色の町.JPG

前回、紹介した町の額絵バージョン。こちらは「ラベンダー色の町」。
ガラス部分は小さいのですが(万華鏡の一面よりは大分大きいです)、中央にポツンと配置されるように幅広の額に入れました。そのため、絵はより小さく見えます。
シンプルで色数も少ない絵の場合、額のデザインや色に大きく左右されるので工夫が必要でした。
できるだけスタイリッシュさは保ちつつ、絵の雰囲気全体が単調で寂しくならないようにするにはどうしたものかと、塗装前の白木のフレームと長時間にらめっこ。
和紙を重ねて透かしたような状態をイメージしながら塗り重ねて仕上げました。一見、紙に見える部分も全てペイントで表現したもの。

墨色の空と町.JPG

独特の雰囲気で、万華鏡とはまた違った良さが額絵にはあると思います。
こちらの写真は、「墨色の空と月」。ラベンダーの方がベージュ系で、墨色の方がグレー系の塗装ですが、写真だと分かりにくいかもしれませんね。実物を比較して頂くと分かると思います。


posted by mizuame at 00:51| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

町の万華鏡たち

R0034978.JPG

左が「墨色の空と月」右が「ラベンダー色の町」
模様入りの豪華な金色のお月様が浮かぶ不思議な町の世界。
金彩でゴールドを塗っているので窯入れは二度。万華鏡に登場する金色たちはみんな二度焼きして仕上げたものです。昔、曇りガラスの万華鏡を作ったことがありますが、今回この二つはノーマルな映像なので、ちゃんと万華鏡らしく見えます(笑)

R0034975.JPG

この絵柄とお揃いの額絵も今回制作しました。
額絵はまた次回ご紹介します。お楽しみに〜。




posted by mizuame at 21:24| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスピンク色のロバくん

R0035046.JPG

アイスピンク色のロバ。
鮮やかなピンクではなく、やや青みがかったピンクで紫とピンクの中間のような微妙な色合い。
ノーマルなピンクだとちょっとキュート過ぎるため、いい意味での「くすみ」をチョイスしてます。

R0035047.JPG

袋は、綺麗なターコイズブルーの地に万華鏡本体に使用したアイスピンクに似たような花柄の帯を使って作ってみました。こんなにピンクが似ているなんて奇跡に近い。お若い人向けの帯だと思いますが、袋になっても可愛いですね。みずあめや作品の袋は、布が結構レアなので、そちらにも注目してお楽しみ頂けると嬉しいです。ロバは、この色の他にクリーム色のガラスを使用した子もいます。

posted by mizuame at 21:11| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

淡いゾウさん

R0035017.JPG

と〜っても久しぶりにゾウを作りました。何年ぶりだろう。
ちょっとだけモデルチェンジ。
ピンクというか、肌色というか、とにかく柔らかい色のゾウです。
帽子も淡いターコイズで、砂糖菓子のような甘くて優しい雰囲気の作品。

R0035031.JPG

袋は毎回使う布が変わりますが、今回の子はこういうのにしてみました。
光沢が美しい刺繍の袋で写真よりピンクの印象が実物は強い感じですが、ペーズリー柄がゴージャス&フェミニンです。ゾウさんのエキゾチックな雰囲気によくマッチしていると思います。中身もゴージャスな気分にさせてくれる一品。

posted by mizuame at 21:01| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンフクロウ

R0035059.JPG

本日より二子玉川にてイベントがスタートしました。
新柄のメンフクロウちゃん。この子は、DC−2なので小さなドライタイプの万華鏡です。
DC−2は、ワンドタイプと違って中の映像を覗くと背景(バック)がありますが、真っ黒な背景にするのが私たちは好きです。メンフクロウも黒バックの映像で、模様がとても引き立って美しいです。

R0035066.JPG

メンフクロウは過去に額絵を制作していますが、万華鏡は今回初。
この子は記念すべき第一号です。ハートマークの白いお顔がひょっこり覗いています。


posted by mizuame at 20:51| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

「始まるよ〜」

R0034948.JPG

「明日から二子玉川のアンティナ・ギフト・スタジオで特集販売がスタートするよ」

「へえ〜、二子でイベントは久しぶりだね」

「僕らは、はじめまして!でしょ」

「そうだった。僕らは初めてだね」

R0034947.JPG

…と横一列に3羽に並ぶオウサマペンギンは、大きなオイルワンドのOW−7。
写真はグリーンですが、もう1本色違いのブルータイプもあります。21日までは店内の陳列棚に、22日から通路に面したテーブル展示を行う予定だそうです。白を基調とした明るい売り場ですので、見やすいと思います。
明日から、こちらのブログでは写真付きで簡単ですが作品紹介もスタート予定。
アンティナでの特集販売は、3月17日〜4月7日まで。お店での販売ですので、作品はその場でお渡し致します。
皆さまのお越しをお待ちしております。

詳細は1つ下のブログをお読みください↓



posted by mizuame at 22:29| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

イベントのお知らせ

二子玉川のギフトショップ「antina gift studio」にて、特集イベントを開催致します。
みずあめやが贈り物に提案したい動植物をモチーフにしたガラスの万華鏡や額装作品を展示販売。
春らしさを感じる優しい色合いのものや、大人から小さなお子様までお楽しみ頂ける作品をご紹介します。

2017年3月17日(金)〜4月7日(金) 終了しました!
antina gift studio 二子玉川ライズ S.C.店 5階


二子玉川ライズ ショッピングセンター
タウンフロント5F
〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-21-1
【営業時間】am10:00 〜 pm9:00
【アクセス】東急田園都市線・東急大井町線
「二子玉川」駅前




posted by mizuame at 15:49| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

うさぎとナマケモノ

R0034857.JPG

本日、納品の「占い師(うさぎ)」です。
ちょっと色を変えてみました。ちょっとですけど…。
まず、背景色が今まで作ったピンク系ではなく今回のはパープル系。
そして、お顔が白い(今までのは、もう少しベージュの部分が目立つお顔でした)

R0034858.JPG

アップ写真だとこんな感じです。

お顔が白い。(さっきも書いた)

お耳も白い。(これは前回と変わらず)

水晶も白い。(いつだって白い)

結論としては、白いお顔もアリだなと。うさぎは、CUBEタイプを含めるとこれで3色めかな。

R0034864.JPG

三越の店員さんから「また作ってほしい〜」とリクエストされたナマケモノくん。こちらもアップ写真でどうぞ。

お顔が茶色い。(いつも茶色い)

こっちを見てる。(いつも見てる)

笑っている。(いつも笑顔)

ご紹介した「占い師(うさぎ)」と「ナマケモノ」は本日、銀座三越さんに到着予定です。
納品のお知らせを1つ下のブログに載せましたので、そちらもご覧下さい。




posted by mizuame at 02:19| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納品のお知らせ(銀座三越)

R0034876.JPG

本日、2月10日に納品致します。

◎銀座三越

DC−1 蝶(ペールブルー)
OW−7 占い師(ウサギ)
OW−7 ナマケモノ
OW−7 オオハシ

R0034844.JPG

OW−6 コザクラインコ
OW−6 雪うさぎ(ミント)
OW−6 シロクマ
OW−6 キリン

以上、全部で8点です。詳細は、直接売り場へお問い合わせ下さい。

posted by mizuame at 01:52| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

それぞれの新しいカタチ

今日はご報告が2件。

1月24日に売り場変更に伴い、西宮のアートギャラリーが閉店致しました。
昨年、百貨店の都合により売り場変更の案が出ていていることはちょっとだけ聞いていましたが、私たち作家側には詳細な説明はありませんでしたので、ブログでも公開することができず、突然の報告になってしまいました。
先日正式な報告FAXが届き24日に終了したとのことでした。
今年は、秋に梅田阪急で特集会を組んで頂くことが決定していますが、毎年恒例だった西宮阪急でのイベントは昨年が最後となってしまいました。
アートギャラリーが開設された時にはデパートではなかなか見ることができない作家ものが多数展示されている空間にフレッシュさを感じましたし、時代の流れとともに小さな手仕事が少しでも日本で認められるようになればいいなぁと期待をしていただけに残念です。今年は本店での活動がメインになっていくと思われますので、兵庫から大阪と距離はありますが、西宮のお客様にもまたお目にかかれたら嬉しいです。

もう1つは、京都のつきしずくさんがネットショップのみで活動していくことになった件。昨年のクリスマスで実店舗は終了し、今年からネットショップで新に営業されています。
お店のあった場所は、AGURAの跡地でそれを引き継ぐように「TSUKISHIZUKU」がスタート。そう考えるとあの町屋は、みずあめやにとっても非常に長い付き合いのある場所で特別だったので、寂しいなぁと思いますが、オーナーさんのお友達が新しいお店を始められたそうで、途切れることなく人から人へ続いているのは、あの町屋が人を呼び寄せる力があるということなのだろう。
そうやって繰り返し何度でも再生する姿は、ちょっと感動的でもあり、場所そのものは失われていないので、あの町屋とお別れだとは思っていません。
ネットショップは現在在庫を切らしていますが、また納品でき次第こちらのブログでご案内しますので、今後とも「TSUKISHIZUKU」のネットショップを宜しくお願い致します。つきしずくで扱っていた他の雑貨や商品も今まで通り購入できますし、みずあめやも万華鏡や額絵など引き続きネットショップに納品を続けて参ります。

さて今日から2月。あっという間に節分が迫ってきましたね。
2月は日数が短いので、すぐにイベントですね。
寒暖の差が激しいのと、何だかインフルエンザもノロウィルスも相変わらず警戒レベルに流行しているようですので、皆さまくれぐれもお気を付け下さい。
花粉もそろそろ来そうですね…。マスク、マスク…忘れずに〜。





posted by mizuame at 17:09| 納品・展示会情報、制作について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする